ゆうの日本株でシステムトレード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
最後まで読んで頂いてありがとうございます
お帰りの際は是非↑の人気ブログランキングをクリックしてからお帰りください
管理人のやる気が著しく上昇します

使えるテクニカル指標

システムトレード=テクニカル指標を駆使しまくっての超絶トレード!
だからテクニカル指標はとても重要!
っていうイメージを
システムトレードにもってる人は少なくないと思います


テクニカル指標ってなんか色々ありますけど
その中からより勝てるのはどれだ!ってやっぱり気になりますよね
私もトレードを始めた頃テクニカル指標を知るために↓の本を買って読みました
<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方<儲かる!株の教科書>テクニカル指標の読み方・使い方
(2004/09/30)
伊藤 智洋

商品詳細を見る

↑の本は確かに最初テクニカル指標について何も知らない状態で読んだ時に
とてもためになりましたし
代表的なテクニカル指標について結構詳しく書いてあり
良い本だったと思います
ただ、テクニカル指標について書いてある本ならば特になんでも良いような気はします

テクニカル指標を使う上で大切なことは
そのテクニカル指標を理解しているかどうか、という事で
例えば25日移動平均乖離率が10%以上というのを見たときに
具体的にチャートのどこら辺の状態なのかという事が
頭に浮かぶかどうかという事だと思います
頭に浮かばないとルールを作って検証をする時に
自分がどういうコンセプトのルールを作っているのかよくわからないまま検証することになり
次のアイデアも出にくくなりルールにも自信が持てなくなると思います

テクニカル指標自体には色々種類があるものの
どの状態にあるかという事を表すだけのものなので
このテクニカル指標を使っておけば最強!
みたいなのは存在しません
なので自分がしっくり来たテクニカル指標ならそれを使えば良いと思います
それでも個人的にお勧めを1つあげるとしたら
移動平均乖離率ですかね~
有名だし解りやすいし

とりあえず有名どころのテクニカル指標で自分がしっくり来そうなのを3つほど覚えて
他のテクニカル指標は少しづつ時間がある時にでも学んでいけばいいんじゃないでしょうか
テクニカル指標選びはルール作り全体の重要性から見ると
そんなに気にするほどの事では無い思います


人気ブログランキングへ
最後まで読んで頂いてありがとうございます
お帰りの際は是非↑の人気ブログランキングをクリックしてからお帰りください
管理人のやる気が著しく上昇します

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://systemtrade1234.blog.fc2.com/tb.php/57-7c066e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。