ゆうの日本株でシステムトレード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
最後まで読んで頂いてありがとうございます
お帰りの際は是非↑の人気ブログランキングをクリックしてからお帰りください
管理人のやる気が著しく上昇します

売買記録をつけよう

「売買記録っていちいちつけるのめんどくさいなぁ
月毎の収支位はつけてるけど
売買記録をつけるなんて邪魔くさそうだからつけてない」
っていう人は少なくないと思います
実際に売買記録をつけていても
勝った時はいいが負けが込んでいる時は
「くそっ!売買記録なんてつけてられっか!もう寝る!」
という感情になるのも自然な事だと思います
そんなめんどくさくて苦痛を伴う作業に思えるけど重要な売買記録の話



検証に検証を重ね納得のいくルールができ
いざ運用を開始したものの
売買記録をつけるのをめんどくさがってつけず
検証上の数字がうまくいってたからと思いルールが完成したと決めつけ
あとはもうルールの事は頭から離れ
勝った負けたと日々一喜一憂しているだけでは危険・・・
というのも実運用を開始したときに
売買記録をつける事によって
ちゃんとそのルールが機能しているかどうかをチェックする必要があるからです
仮に売買記録をつけてなくても
資金の変動を見るとある程度の損益はなんとなく判断できるが
実運用でどのルールでどの位の結果が出て
それは検証結果とどの位の差があるのか?
という事を正確に把握する事はできないはず


例えばエクセルにルール毎に1回1回の取引を記録し
個々の損益はどうなったのか
平均損益はどうなっているのか
累計の損益はどうなっているのか
手数料や税金等の諸経費はいくらかかったのか
保有期間はどのくらいだったか
勝率はどのくらいなのか
などなど
出来る限り詳細に売買記録をつける
そうする事によって検証と実運用のギャップが物凄くわかりやすくなる

特に超短期売買は検証と実運用の期待値が少しズレているだけで
プラスになると思っていたルールがマイナスになってしまう事もありえるので
ギャップを把握しておくことは重要!

どのルールでもそうだけど
特に新ルール開始当初は売買記録によって
そのルールの運用を続けていくかどうかの判断材料になるので
とても重要なものになるし
過去を振り返る時に結構役に立ったり
売買記録をグラフ化することによって色んな事を視覚的に判断できすごく便利
あと売買記録をつけることによってルール作りのヒントを得られるかもしれない
という感じで売買記録をつける事はすごくメリットが多いわけです
人気ブログランキングへ
最後まで読んで頂いてありがとうございます
お帰りの際は是非↑の人気ブログランキングをクリックしてからお帰りください
管理人のやる気が著しく上昇します

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://systemtrade1234.blog.fc2.com/tb.php/74-18351b6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。