ゆうの日本株でシステムトレード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
最後まで読んで頂いてありがとうございます
お帰りの際は是非↑の人気ブログランキングをクリックしてからお帰りください
管理人のやる気が著しく上昇します

ルール作りの基本の流れ

「よし!ルールを作ろう!」
と意気込んだのはいいものの
システムトレードからトレードに入った人は特に
ルール作りに取り掛かりたいけど
何をやればいいのかサッパリわからん!!
ふぅ・・・また明日にするか
という人もいると思います

その状態では何も始まらないので
何かを参考にするわけですが
上達の基本はうまい人の真似!ということで
ありきたりですが本やネットを参考にします


何かを参考にしてルールを作って
検証(バックテスト)してみると
検証結果が出てきますよね?
その検証結果を見て
「あのテクニカル指標の数字をちょっと変えてみよう」とか
「テクニカル指標自体を別のに変えてみよう」とか
最初はもう嫌でも次の案が頭に浮かんでくるはずなので
検証が検証を呼ぶ!みたいな感じになってきます
慣れてきたらここをこう弄ればこういう結果になる
というのがだんだん解ってきます
後はチャートを見てると何かをひらめいたり
突然ピコーン!と何かをひらめいたりして
また検証できるわけです

要は
何かヒントを得るなりひらめく

検証

良ければ採用、悪ければヒント探し


これを繰り返して自分にとってより良いルールを構築していく
この流れがルール作りの基本だと思います

ルール作りの過程をノートやパソコンに記録しながら検証してると
「あれは以前試したかな?」とか
「あれを弄るとどう変わったかな?」とかで
後から振り返ることが出来て便利
またそれが次へのヒントになる時もあるしね


しかしここで注意点が!
システムトレードのルールを作る際に
押さえておかなければいけないポイントが結構あるので注意!
そのポイントについてはまた今度アップします

人気ブログランキングへ
最後まで読んで頂いてありがとうございます
お帰りの際は是非↑の人気ブログランキングをクリックしてからお帰りください
管理人のやる気が著しく上昇します

テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。